オレンジコンテナはどんなトランクルーム?口コミや評判、料金、特徴をご紹介

オレンジコンテナ

オレンジコンテナというトランクルームがあるらしいけど、問題なく使えるのかな?

オレンジコンテナって悪い噂とか口コミは無いのかな。安心して使いたい。

オレンジコンテナのサービス内容や使い方を知りたい。

こういった疑問に答えます。

オレンジコンテナは大阪や兵庫など関西がメインの屋外型トランクルームです。

とくにバイクボックスへバイクを保管する人が多いようです。

なお、首都圏や東海地方でも店舗はあります。

今回は、オレンジコンテナのプラン内容からオプション、料金体系、口コミ・評判、メリット・デメリットまで、徹底的に解説します

オレンジコンテナの利用を少しでも考えている方は参考にしてください。

なお、下記では他の屋外型トランクルームもご紹介しているので、比較してみて、あなたに合ったトランクルームを見つけてくださいね。

屋外型トランクルームの比較

目次

オレンジコンテナとはどんなトランクルーム?

オレンジコンテナとはどんなトランクルーム?

オレンジコンテナは、バイク用ガレージや屋外型コンテナを中心に、屋内型トランクルームやガレージハウスなどを取り扱うサービスです。

デフォルトの初期費用は安くはないのですが、キャンペーンをうまく使えば、安く料金を押さえられるので、事前に確認することをオススメします。

オレンジコンテナの基本情報

ここでは改めてオレンジコンテナの基本情報をお伝えします。

下記のとおりです。

公式サイトhttps://rentalbox.jp/
タイプ屋外型(屋内型)
初期費用・賃料+月額保証料(当月+翌月)
・初回保証手数料
・契約事務手数料
・南京錠代:6,050円
・退去時清掃費用:3,300円
・LEDライト代:3,300円
・除湿代:1,430円
最低月額料金1,100円
保証金・月額保証料
・初回保証手数料:賃料50%
事務手数料賃料1ヶ月分
最低利用期間1ヶ月
対応地域関東
東海
近畿
中国
九州
店舗数約460店舗
最小サイズ0.5畳
最大サイズ8畳
利用可能時間24時間
運搬代行
即日利用
駐車場○(屋外型)
見学対応
スタッフ常駐×
空調設備×
補償・保険最大50万円
運営会社アパルトマンイクシーズ株式会社
税込表記

オレンジコンテナの店舗エリア・対応地域

オレンジコンテナの店舗がある都道府県は下記のとおりです。

  • 東京
  • 千葉
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 群馬
  • 岐阜
  • 静岡
  • 愛知
  • 三重
  • 滋賀
  • 大阪
  • 兵庫
  • 奈良
  • 広島
  • 福岡

とくに、千葉や神奈川、埼玉といった東京周辺の郊外エリアと大阪に多いです。

屋外コンテナがメインなので、利便性の高い駅近というよりかは、車利用が前提の郊外に多く展開しています

オレンジコンテナのプラン内容や料金

オレンジコンテナのプラン内容や料金

オレンジコンテナのプラン内容と料金をご紹介します。

下記のタイプがあります。

  • 屋外型コンテナ・屋外型トランクルーム
  • 屋内型トランクルーム
  • ルームタイプ
  • バイクタイプ・バイクボックス
  • サーフタイプ

それぞれ料金や設備が異なりますので、それぞれご紹介します。

屋外型コンテナ・屋外型トランクルーム

オレンジコンテナのメインのタイプです。

車を横付けできるような郊外の広い敷地に、海上輸送で使われるコンテナを並べており、その1区画に荷物を保管できます。

代表的なサイズごとの月額料金の例は下記のとおりです。

広さ横×奥×高さ(cm)料金例(1)
※千葉県船橋市上山町
料金例(2)
※大阪府豊中市千成町
0.5畳前後105×80×1102,750円2,750円
2畳前後145×230×2308,250円11,000円
4畳前後290×230×23016,500円22,000円
8畳前後230×590×23033,000円44,000円
税込価格

ロッカー型の0.5畳であれば、3,000円以下に抑えられるのは安いですね。

屋外型コンテナの他社との料金比較

他社と比べて、月額料金が高いのか、安いのか、比べてみます。

高さや立地、設備などに違いはあるので単純な比較はできませんが、4畳の広さのプランを同じエリアで比較すると下記のとおりです。

店舗月額料金
※定価・諸経費込み
広さ
※横幅×奥×高さ
オレンジコンテナ
東京都八王子市川口町
19,800円4畳
2.9×2.3×2.3m
加瀬のレンタルボックス
東京都八王子市戸吹町
16,500円4畳
2.2×2.8×2.3m
ハローストレージ
東京都八王子市宮下町
17,500円4畳
2.3×2.8×2.3m
税込価格

上記のとおり、有名どころの屋外型トランクルームで月額料金を比較すると、一番高い結果となりました。

屋内型トランクルーム

次に屋内型トランクルームタイプです。

オレンジコンテナの場合、あまり屋内型のトランクルームはありません

たとえば、東京都の場合は1店舗だけです。

屋内型のトランクルームに保管したい人は、下記から他のサービスも確認してくださいね。

屋内型トランクルーム13社を比較!おすすめサービスや選び方、メリット・デメリット

サイズはおおまかに3種類に分けて、それぞれの料金感を見てみましょう。

広さ横×奥×高さ
(m)
料金例(1)
※東京都杉並区天沼
料金例(2)
※大阪府豊中市旭丘
1畳前後0.9×1.6×2.112,100円8,000円
2畳前後1.8×1.8×2.121,175円16,000円
3畳前後2.7×1.8×2.130,250円25,000円
税込価格

大阪には比較的店舗が多いです。

また、通常の屋内型トランクルームとは別に、ガレージとフリースペースがついたホビー型の「AZTO(アジト)」と呼ばれるスペースも多数あります。

屋内型トランクルームの他社との料金比較

他社と比べて、月額料金が高いのか、安いのか、比べてみます。

高さや立地、設備などに違いはあるので単純な比較はできませんが、1畳の広さのプランを同じエリアで比較すると下記のとおりです。

店舗月額料金
※定価・諸経費込み
広さ
※横幅×奥×高さ
オレンジコンテナ
大阪市中央区内平野町
7,150円1畳
1.4×0.9×2.7m
ハローストレージ
大阪市浪速区日本橋
9,000円1畳
0.9×1.8×2.2m
キュラーズ
大阪市浪速区稲荷
13,750円1畳
1.1×1.6×2.2m
税込価格

上記のとおり、有名どころの屋外型トランクルームで月額料金を比較すると、一番安い結果となりました。

少し駅から遠い場所に多いので、利便性は見劣りするものの、料金は安めという屋内型店舗が多いように見えます。

ルームタイプ

電源がついており、ちょっとした作業などもできる屋外型コンテナです。

用意されている数はかなり少なく、首都圏や大阪、愛知などにはありません。

たとえば、兵庫県の店舗の月額料金は下記のとおりです。

店名広さ月額料金
※定価・諸経費込み
兵庫県神戸市
東灘区魚崎浜町
2.6畳ルームタイプ25,300円
同上4畳ルームタイプ36,300円
同上2.6畳ルームタイプ
+2.6畳バイクコンテナ
41,800円
税込価格

ガレージハウスのようにトイレやロフトがついているわけではないので、長時間の滞在は難しいと思いますが、なんらかの電気を使った作業などをしたい人にはオススメです。

バイクタイプ・バイクボックス

バイク保管に特化したタイプです。

通常の屋外コンテナでもバイクは保管できますが、専用ボックスのほうが、スロープがついていたり、サイズに余裕があったりと何かと不便がありません。

それぞれの月額料金の例は下記のとおりです。

店名エリア月額料金
※定価・諸経費込み
広さ
※横幅×奥×高さ
魚崎浜
Part-2
兵庫県
神戸市東灘区魚崎浜町
12,650円2畳
1.5×2.3×2.3m
平塚
Part3
神奈川県
平塚市東真土
12,650円2.6畳
1.9×2.3×2.3m
碧南久沓町
Part1
愛知県
碧南市久沓町
17,050円4畳
2.9×2.3×2.3m
税込価格

バイクガレージで4畳までの大きさのモノがあるのは珍しいですね。

また、電源やスロープが付いているかどうかは、スペースにもよるので、確認は必要です。

サーフタイプ

千葉県のみのようですが、サーフボードの保管に特化したトランクルームもあります。

月額料金の例は下記のとおりです。

店名エリア月額料金
※定価・諸経費込み
広さ
※横幅×奥×高さ
BOARD HOTEL
九十九里粟生Part1
千葉県九十九里町粟生4,378円38×114×318m
税込価格

九十九里浜によくサーフィンをしにいくという人にはオススメです

オレンジコンテナのその他の基本情報

オレンジコンテナのその他の基本情報

ここまで通常のプラン内容や月額料金についてご紹介してきました。

ここからは、もう少し詳しいサービス内容、とくに下記についてご紹介します。

  • 初期費用
  • オプション
  • キャンペーンやクーポン情報
  • 解約条件や解約方法

順に見ていきましょう。

初期費用

初回に発生する初期費用は下記のとおりです。

項目名料金設定など賃料が1万円の場合
契約当月の賃料利用開始日から月末までの賃料5,000円
※11月15日に開始した場合
翌月の賃料1ヶ月分の賃料10,000円
当月管理料1,650円1,650円
翌月管理料1,650円1,650円
当月月額保証料月額料金×5.2%520円
翌月月額保証料月額料金×5.2%520円
事務手数料賃料1ヶ月分10,000円
退去時清掃費3,300円3,300円
南京錠代5,500円〜6,050円5,500円
室内ライト代
※店舗による
3,300円3,300円
除湿剤代
※店舗による
1,430円1,430円
当月安心パック
※オプション
550円550円
翌月安心パック
※オプション
550円550円
税込価格

賃料が10,000円のスペースの場合、44,000円弱かかります。

ただ、これはスペースの設備状況にもよりますので、これよりも安くなることも高くなることもあります。

また、キャンペーン適用スペースであれば、事務手数料や3ヶ月分の賃料が無料になったりするので、大幅に安くなります

オプション

下記のオプションがあります。

オプション名オプション内容利用料金
らくらく運搬・荷物の運搬代行
・他社の有料サービスとの連携
17,500円〜(0.5畳分)
らくらく処分・不用品の処分代行
・他社の有料サービスとの連携
14,000円〜(0.5畳分)
電源コンセント利用100ボルトのコンセント。
一部スペースに標準付与
無料
LEDライト代電池式の照明3,300円
※初期費用のみ
除湿剤海上輸送で使われる業務用の強力なモノ
(3ヶ月分)
1,430円
※初期費用のみ
あんしんパック原状回復費や火災発生時の損害補填月額550円
価格は税込

ライトや除湿剤など細かいオプションも多いですが、やはり運搬や処分も依頼できるのは大事なところです。

ただ、どれも安くはありません。

また、除湿剤やライト代に費用が発生するのは少し珍しいです。

ちなみに、下記のような除湿剤とLEDライトが届くので、自分で取り付ける形になります。

オレンジコンテナのキャンペーンや割引クーポン情報

3ヶ月分の賃料と月額保証料が無料になるキャンペーンを実施中です。

さらに、契約時の事務手数料(月額賃料の100%)と保証料(月額賃料の50%)も無料になります。

利用開始日にもよるのですが、賃料7,000円弱のスペースの場合、合計で3万円近い割引額です。

ただ、下記の条件を満たす必要があります。

  • 賃料が発生する月から6ヶ月以上(契約から9ヶ月以上)の利用
  • 対象店舗であること
  • はじめての利用であること

対象店舗は75店舗ほどあり、自宅近くの店舗があれば、お得ですね。

なお、店舗によっては割引期間などが異なる場合もあります。

またキャンペーン対象外の店舗でも、2022年12月現在は「歳末セール」と銘打ち、月額賃料が一定期間最大80%オフになる、別のキャンペーンも実施中です。

問い合わせをする際に「歳末セールを見た」を記入すると、適用されるようなので、使ってみると良いでしょう。

オレンジコンテナの解約条件や解約・退会方法

解約を希望する月の1ヶ月前までに「賃貸借契約解約通知書」を提出する必要があります。

これは運営会社に電話で連絡して、自宅まで郵送してもらうことになると思います。

ネット上での手続きで完結しないのは、不便ですね。

また、月の途中での解約はできないので、各月の月末が解約日になります。

そして、3ヶ月無料のキャンペーンを利用した場合は、9ヶ月間は利用する必要があります。

オレンジコンテナのサービス特徴や利用のメリット

オレンジコンテナのサービス特徴や利用のメリット

オレンジコンテナのサービス内容をご紹介したところで、ここからは、他の宅配型トランクルームと比較した上でのメリットをご紹介します。

特徴的なのは下記の点です。

  • 無料キャンペーンがお得
  • 電源付きルームやガレージタイプなど種類が豊富

順に見ていきましょう。

無料キャンペーンがお得

オレンジコンテナはキャンペーンが充実しています。

契約手数料が無料になるだけでなく、3ヶ月間の賃料が無料になるというスペースもあります。

初期費用が安くなるキャンペーンは他社でも多いですが、賃料が3ヶ月無料になるというのは滅多にありません。

そもそもの料金はあまり格安というわけではないですが、キャンペーンの対象スペースを賢く使えばお得に利用できます

電源付きルームやガレージタイプなど種類が豊富

通常の屋外型コンテナだけではなく、電源コンセントがついていて部屋のように滞在できるルームタイプや、「AZTO(アジト)」と呼ばれるガレージタイプがあります。

とくにガレージタイプのトランクルームは珍しく、車やバイクの整備をしたり、コレクションルームにしたり、仕事・作業部屋にしたりと使い方は無限大。

ちょっとした別宅のような使い方ができるので、大人の秘密基地のように使えます。

こういった珍しいタイプのトランクルームに興味がある人にはぴったりでしょう。

オレンジコンテナの注意点や利用のデメリット

オレンジコンテナの注意点や利用のデメリット

ここからはオレンジコンテナの注意点やデメリットをご紹介します。

とくに気をつけたいのが下記の2点です。

  • 初期費用が高くなりがち
  • 短期利用だとキャンペーンが適用されない

順に見ていきましょう。

初期費用が高くなりがち

他社と比べて初期費用が高くなりがちです。

キャンペーンで安くなることはありますが、事務手数料や管理費、保証料、各種アイテム代などが発生します

具体的には、月1万円のスペースだと、おおよそ4万4千円弱かかります。

一方、たとえば「加瀬のレンタルボックス」だと、初期費用は「来月分の賃料」と「事務手数料」のみなので、月1万円のスペースだと2万円です。

初期費用を抑えたいという人にはあまりオススメできません。

短期利用だとキャンペーンが適用されない

キャンペーンの割引内容自体は充実しているのですが、そのキャンペーンが適用される条件が厳しいです。

たとえば、3ヶ月分の賃料が無料になるキャンペーンであれば、9ヶ月近く借り続けることが条件になります。

短い期間だけ借りたいという人は高くなりがちです。

オレンジコンテナの口コミや評判

オレンジコンテナの口コミや評判

オレンジコンテナを実際に使ってみた人を対象に、トランクルームマニアが独自にアンケート調査を実施しましたのでご紹介します。

男性 45歳 埼玉県

なんといっても、自分の部屋にあったものを移し替えたことで、生活空間が広がったところは、利用してよかったと感じる。
徒歩圏内のコンテナを借りることができたので、多い荷物を移動させるのはもちろん、モノが必要になった際に、簡単に取りに行ける点も魅力的だと感じた。

夏場はコンテナ内の温度上昇が気になったが、断熱材のせいか、そこまで高温も気にならず、使い勝手も良かった。
バイクが好きな友人は、ガレージの代わりに使っているそうで、重量があってガソリンや油も気になるバイクを置けるのが最高と話していました。

価格も意外と安いので、近所にある人は使ってみたらいいと思いますよ!


総合評価 ★★★★☆(そこそこ満足)

男性 57歳 愛知県

利用するまでの手続きがわかりやすく、時間的にも短かったので簡単に手続きできたことが良かった。料金的にも良心的な価格で長期利用しても価格的な負担もあまり感じませんでした。

利用開始後に気になった点は、近くの住民がコンテナの近くで遊んだり犬の散歩をしていて、たまに犬の糞が落ちていたりすることがありました。そういう時にどこにクレームを話していいのかがわからなかったことが少し気になったことです。

ただ、問い合わせ窓口は用意されていましたのでトラブルがあった時には、そういうコールセンターを利用すれば良いのかなとは思いましたが、案内が少ないので多めにしてほしい。


総合評価 ★★★☆☆(可もなく不可もなく)

また、SNSの口コミもご紹介します。

料金は格安というわけではないですが、バイク2台がすっぽり入る大きさのコンテナを借りられるのは便利です。

正直、初期費用の項目は他社よりも多いです。

料金は安くはないですが、盗難対策はしっかりしているのでバイクの保管などには良さそうです。

オレンジコンテナがオススメできる人とオススメできない人

オレンジコンテナがオススメできる人とオススメできない人

ここまで、オレンジコンテナの利用者の口コミや評判をご紹介してきました。

では、口コミやプラン内容をもとに、どのような人にオススメできるのか、できないのかを解説します。

まず、オレンジコンテナの利用が向いているのは下記のような人です。

  • 無料キャンペーンを積極的に使いたい人
  • 半年以上の長期保管を考えている人
  • バイクを安全に保管したい人
  • サーフボードを保管したい人
  • ガレージ付きのフリースペースを借りたい人

一方、下記のような人には向いていないです。

  • 駅近の利便性が高い場所に保管したい人
  • 初期費用をなるべく安くしたい人
  • ネット完結で手続きしたい人

自分の希望や状況と照らし合わせて考えてみてください。

オレンジコンテナを利用するまでの流れや手順

オレンジコンテナを利用するまでの流れや手順

では、オレンジコンテナを利用する際の流れや手順をご紹介します。

申し込みの全体像は下記のとおりです。

  1. 公式サイトで希望の店舗を探す
  2. (電話をして見学を予約をする)
  3. (現地で見学をする)
  4. 気に入ったスペースを申し込む
  5. WEB上で契約手続きをする
  6. (郵送の場合)契約書類を取り寄せて、記入・返送する
  7. 初期費用をクレジットカード・口座振込で支払う
  8. 利用開始日の前日に鍵が宅配便で届く
  9. 利用開始

以上です。

見学もできるのが嬉しいですね。

なお、3ヶ月未満などの短期契約の場合は、鍵が郵送されず、自分で鍵をつけて管理をする形になります。

オレンジコンテナに関するよくある質問

オレンジコンテナに関するよくある質問

解約の条件は?違約金はかかる?

1ヶ月前までに解約の申出書を提出する必要があります

また3ヶ月無料のキャンペーンなどを利用している場合は9ヶ月間は利用することとなっています。

それよりも短い期間で解約した場合の違約金などについて記載は無いです。

ただ、キャンペーンを利用したならば、約束の期間が過ぎるまでは、基本的に解約はできないと考えておいた方が良いでしょう。

無料キャンペーンはある?

3ヶ月間にわたって、月額賃料と月額保証料が無料になるキャンペーンを実施中です。

75店舗ほどが対象なので、もしかしたらあなたの自宅近くの店舗も対象かもしれません。

オレンジコンテナは、種類が豊富なトランクルームサービス

オレンジコンテナは、種類が豊富なトランクルームサービス

オレンジコンテナのサービス内容や料金、口コミ・評判をご紹介してきました。

オレンジコンテナには、屋外コンテナから屋内型トランクルーム、ガレージハウスやバイクボックス、サーフボードの保管倉庫まで幅広い種類の収納スペースが用意されています。

自分の希望に合ったトランクルームがあるのであれば、ぜひ使いたいサービスですね。

なお他の屋外型トランクルームやバイク用コンテナについては、下記でご紹介しているので、しっかり比較してから決めてくださいね。

屋外型トランクルームの比較

バイク収納型トランクルームのメリット・デメリット【おすすめサービスも解説】