マリンボックスはどんなトランクルーム?口コミや評判、料金、特徴をご紹介

マリンボックスというトランクルームがあるらしいけど、問題なく使えるのかな?

マリンボックスって悪い噂とか口コミは無いのかな。安心して使いたい。

マリンボックスのサービス内容や使い方を知りたい。

こういった疑問に答えます。

マリンボックスは神奈川県を中心にトランクルームを展開しているサービスです。

屋外型のコンテナ型がメインですが、低価格で物置に保管できるタイプや屋内型トランクルーム、バイクガレージも用意されています。

今回は、マリンボックスのプラン内容からオプション、料金体系、口コミ・評判、メリット・デメリットまで、徹底的に解説します

マリンボックスの利用を少しでも考えている方は参考にしてください。

なお、下記では他の屋外型トランクルームもご紹介しているので、比較してみて、あなたに合ったトランクルームを見つけてくださいね。

屋外型トランクルームやレンタルコンテナを15社を比較!料金やサービス内容を一覧で紹介

マリンボックスとはどんなトランクルーム?

マリンボックスとはどんなトランクルーム?

イルカの可愛い看板が目印のトランクルームです。

神奈川県や東京都に店舗が集中していますが、全国に300店舗を展開しています。

レントラ便と提携しているので、運搬や処分の代行もお願いできます。

マリンボックスの基本情報

ここでは改めてマリンボックスの基本情報をお伝えします。

下記のとおりです。

公式サイトhttps://www.marinebox-inc.co.jp/
タイプ屋外型(屋内型・バイクガレージ)
初期費用・翌月分の賃料
・契約事務手数料
・管理費(初月+翌月):1,300円
・月額保証料:1,350円
最低月額料金1,200円前後
保証料月650円
事務手数料賃料の1ヶ月
最低利用期間1ヶ月
対応地域全国
(一部東北・北陸・中部・中国・四国・九州南部などを除く)
店舗数300店舗
最小サイズ0.2畳前後
最大サイズ9畳前後
利用可能時間24時間
運搬代行×(レントラ便の提携あり)
即日利用
駐車場
見学対応
空き待ち予約
スタッフ常駐×
空調設備一部店舗のみ
補償・保険
運営会社株式会社マリンボックス
税込表記

マリンボックスの店舗エリア・対応地域

マリンボックスの店舗がある都道府県は下記のとおりです。

  • 青森県
  • 宮城県
  • 茨城県
  • 東京都
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 神奈川県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 福岡県
  • 長崎県

東京や神奈川などの首都圏がメインにはなりますが、全国規模で店舗展開している全国型のトランクルームです。

なお、湘南に本社を置く会社なだけあって、神奈川県に店舗が一番多いです。

マリンボックスのプラン内容や料金

マリンボックスのプラン内容や料金

マリンボックスのプラン内容と料金をご紹介します。

下記のタイプがあります。

  • 屋外型コンテナ・屋外型トランクルーム
  • 屋内型トランクルーム
  • レンタル物置
  • バイクボックス

それぞれ料金や設備が異なりますので、それぞれご紹介します。

屋外型コンテナ・屋外型トランクルーム

1.6畳前後から9畳までのスペースが多いです。

1畳以下の小規模タイプはほぼありません。

特徴の一つとして、2階部分のスペースへの移動に固定の階段と廊下を使えることが挙げられます。

屋外コンテナでよくある移動式の階段を使わずに済むので、安心して出し入れができます

代表的なサイズごとの月額料金の例は下記のとおりです。

広さ横×奥×高さ(m)料金例(1)
※神奈川県川崎市宮前区平
料金例(2)
※神奈川県秦野市堀山下
1.6畳前後1.2×2.2×2.311,060円9,850円
2.5畳前後2.2×1.8×2.019,500円13,510円
4.5畳前後2.4×2.9×2.431,020円19,800円
9畳前後2.4×5.9×2.451,390円30,280円
税込価格

1.6畳だと、1万円前後で利用できるスペースが多いです。

屋外型コンテナの他社との料金比較

他社と比べて、月額料金が高いのか、安いのか、比べてみます。

高さや立地、設備などに違いはあるので単純な比較はできませんが、1.5畳の広さのプランを同じエリアで比較すると下記のとおりです。

店舗月額料金
※定価・諸経費込み
広さ
※横幅×奥×高さ(m)
マリンボックス
神奈川県秦野市堀山下
9,850円1.6畳
1.2×2.2×2.3
オレンジコンテナ
神奈川県秦野市今川町
9,680円1.5畳
1.2×2.3×2.3
ハローストレージ
神奈川県秦野市春日町
7,200円1.5畳
1.1×2.3×2.3
税込価格

上記のとおり、有名どころの屋外型トランクルームで月額料金を比較すると、一番高い結果となりました。

0.1畳だけ大きい点は考慮する必要がありますが、飛び抜けて安いわけではなさそうです。

屋外型のトランクルームに保管したい人は、下記から他のサービスも確認してくださいね。

屋外型トランクルームやレンタルコンテナを15社を比較!料金やサービス内容を一覧で紹介

屋内型トランクルーム

次に屋内型トランクルームタイプです。

比較的交通の便が良い場所に多く展開されています。

サイズはおおまかに3種類に分けて、それぞれの料金感を見てみましょう。

広さ横×奥×高さ(m)月額料金例(1)
※神奈川県川崎市中原区中丸子
月額料金例(2)
※東京都墨田区亀沢
0.5畳前後0.9×0.9×2.18,300円8,600円
1畳前後1.8×0.9×2.113,200円14,100円
2.5畳前後2.9×1.3×2.124,200円30,050円
税込価格

ロッカータイプの0.5畳前後だと月1万円未満になりますね。

他社と比べて、サイズが細かく選べるのは嬉しいですね。

屋内型トランクルームの他社との料金比較

他社と比べて、月額料金が高いのか、安いのか、比べてみます。

高さや立地、設備などに違いはあるので単純な比較はできませんが、1畳の広さのプランを同じエリアで比較すると下記のとおりです。

店舗月額料金
※定価・諸経費込み
広さ
※横幅×奥×高さ(m)
マリンボックス
神奈川県川崎市中原区中丸子
13,200円1畳
1.8×0.9×2.1
加瀬のレンタルボックス
神奈川県川崎市中原区上丸子
16,500円1.1畳
1.0×1.8×2.2
スペースプラス
神奈川県川崎市中原区中丸子
13,200円1畳
1.7×1.2×2.2
税込価格

上記のとおり、有名どころの屋外型トランクルームで月額料金を比較すると、同列で最安値となりました。

価格帯として高い水準とは言えなさそうです。

屋内型のトランクルームに保管したい人は、下記から他のサービスも確認してくださいね。

屋内型トランクルーム13社を比較!おすすめサービスや選び方、メリット・デメリット

レンタル物置

コンテナを使う屋外型トランクルームのほかに、屋外に設置した物置にモノを保管できるタイプもあります。

ちなみに、使用している物置は、イナバの物置です。

月額料金の例は下記のとおりです。

店名広さ月額料金
※定価・諸経費込み
神奈川県横浜市保土ケ谷区西谷町1畳8,900円
東京都町田市木曽東1.9畳9,900円
大阪府堺市東区日置荘西町0.4畳5,900円
税込価格

あまり数は多くはないですが、コンテナほど大きなスペースが不要という場合にオススメです

バイクボックス

バイク専用のガレージが用意されている拠点もあります。

月額料金の例は下記のとおりです。

店名広さ月額料金
※定価・諸経費込み
神奈川県川崎市宮前区菅生2.1畳18,000円
神奈川県中郡大磯町高麗2.18畳13,500円
千葉県木更津市東太田3.01畳22,870円
税込価格

2畳あれば十分バイクを保管できます。

場所によっては、1万円台の前半で利用できます。

バイク収納型トランクルームのメリット・デメリット【おすすめサービスも解説】

マリンボックスのその他の基本情報

マリンボックスのその他の基本情報

ここまで通常のプラン内容や月額料金についてご紹介してきました。

ここからは、もう少し詳しいサービス内容、とくに下記についてご紹介します。

  • 初期費用
  • オプション
  • キャンペーンやクーポン情報
  • 解約条件や解約方法

順に見ていきましょう。

初期費用

初回に発生する初期費用は下記のとおりです。

項目名料金設定など賃料が1万円の場合
翌月分賃料10,000円
初月の管理費650円
翌月の管理費650円
契約事務手数料10,000円
月額保証料1,350円
税込価格

敷金礼金や鍵代などはかかりません。

保証料も他社と比べると安めです。

契約当月の賃料がかからないので、月初に契約した方がお得ですね。

オプション

下記のオプションがあります。

オプション名オプション内容利用料金
運搬代行外部有料サービス「レントラ便」との提携30分3,510円〜
不用品の処分代行レントラ便の付随サービス
買い取りも可能
8,100円 / 1立方メートル
鍵の販売・鍵と錠前を購入可能
・一部スペースでは鍵を自分で用意する必要がある
4,500円
紙の契約書での契約ネットでの契約が難しい人向け2,000円
価格は税込

他社サービスとの連携にはなりますが、運搬や不用品の処分、買い取りといったことをお願いできます。

マリンボックスのキャンペーンや割引クーポン情報

一部店舗限定で、月額賃料が3ヶ月間1,000円になる割引キャンペーンを実施中です

月30,000円のスペースなら、その割引合計額は60,000円になります。

他社でも似たような割引はありますが、最低利用期間が設定されていることがほとんど。

マリンボックスの場合は、サイト上にはその記載がなく、3ヶ月間で解約しても割引が適用される可能性もあります。

詳細は契約時に問い合わせてみてください。

マリンボックスの解約条件や解約・退会方法

解約月の前月末までに申し出る必要があります。

日単位ではなく、月単位での解約です。

なお電話などは不要で、マイページにログインするとそこから解約手続きができます。

また解約を申し込むと、精算金も自動で表示されます。

申し込みも解約も簡単にすることを目指しているそうで、その姿勢は顧客目線で嬉しいですね。

マリンボックスのサービス特徴や利用のメリット

マリンボックスのサービス特徴や利用のメリット

マリンボックスのサービス内容をご紹介したところで、ここからは、他の宅配型トランクルームと比較した上でのメリットをご紹介します。

特徴的なのは下記の点です。

  • ネット完結で即日利用可能
  • 保証人が不要
  • 空き待ちができる

順に見ていきましょう。

ネット完結で即日利用可能

契約も解約も手続きをすべてインターネットでできるので、楽に使えます。

一部店舗では、15時までに契約手続きをすれば、当日からすぐに利用もできます。

他社では、紙の契約書や鍵を郵送で受け取る必要がある場合も多く、やりとりに手間と時間がかかります。

また、解約時には電話連絡が必須の会社もあり、ハードルを高く感じてしまう人も。

一方、マリンボックスならすべて公式サイトのマイページから手続きできるので便利です。

保証人が不要

マリンボックスでは、契約の際に保証人は不要です。

保証会社を利用することになるので、親族や友人に保証人をお願いする必要はありません。

一部のトランクルームでは、一般的な賃貸物件と同様に、賃貸借契約を結ぶこともあり、その流れで保証人を求められることがあります。

保証人探しの手間がかからないのは、大事な点ですね。

空き待ちができる

人気のスペースが埋まっている場合は、空きが出るまで待つことができます。

空きが出たら連絡をもらえ、優先的に契約が可能。

もちろん、状況が変わっていたら契約をしないという選択もできます。

他社では、空き待ちの制度がない場合も多いので、自宅近くの店舗など、絶対に使いたいという店舗がある人にはオススメです。

マリンボックスの注意点や利用のデメリット

マリンボックスの注意点や利用のデメリット

ここからはマリンボックスの注意点やデメリットをご紹介します。

とくに気をつけたいのが下記の2点です。

  • 管理費と保証料で月2,000円かかる
  • 神奈川県に店舗が集中している

順に見ていきましょう。

管理費と保証料で月2,000円かかる

賃料とは別に毎月、管理費と保証料で2,000円がかかります。

管理費がかからなかったり、保証料が初回のみだったりというトランクルームも多いので、この点は損に感じてしまいます。

ただ、管理費がかからないサービスの場合、賃料の中に最初から盛り込まれているという考えもできるので、保証料と管理費が別というだけで、高いと決めつける必要はありません。

トータルの費用で近隣のトランクルームと比較をして、決めることが重要です。

神奈川県に店舗が集中している

マリンボックスは神奈川県の湘南台に本社があることもあり、神奈川県に店舗が集中しています。

神奈川県に住んでいるならば、自宅近くに店舗がある可能性が高いですが、他県に住んでいる場合は、店舗が見つからない可能性も高いです。

一応、東京都内にも店舗は多く、近畿や九州、東北にも店舗がないわけではありません。

マリンボックスの口コミや評判

マリンボックスの口コミや評判

マリンボックスを使っている人の口コミをご紹介します。

場所や広さによっては、月額料金が1万円を超えます。

空き待ちができるトランクルームは意外とそこまで多くないので、利点のひとつです。

あまり悪い口コミや評判は見当たりません。

また、ツイッターの公式アカウント「@marinebox」では、中の人目線でフランクに発信しているので、親近感が湧きます。

マリンボックスがオススメできる人とオススメできない人

マリンボックスがオススメできる人とオススメできない人

口コミやプラン内容をもとに、どのような人にオススメできるのか、できないのかを解説します。

まず、マリンボックスの利用が向いているのは下記のような人です。

  • 即日利用をしたい人
  • 申し込みや解約の手続きをネット完結でやりたい人
  • 小さなスペースに保管したい人
  • 神奈川県に住んでいる人

一方、下記のような人には向いていないです。

  • とにかく安い屋外型トランクルームを使いたい人
  • 神奈川県や東京都以外に住んでいる人

自分の希望や状況と照らし合わせて考えてみてください。

マリンボックスを利用するまでの流れや手順

マリンボックスを利用するまでの流れや手順

では、マリンボックスを利用する際の流れや手順をご紹介します。

申し込みの全体像は下記のとおりです。

  1. ユーザー登録をする
    1. 空き情報が閲覧できるようになる
  2. 希望の店舗・スペースを探す
  3. (見学申し込みを電話でする)
  4. (現地で見学をする)
  5. 気に入ったスペースを申し込む
  6. (空いていない場合は空き待ち登録をする)
  7. WEB上で契約手続きをする
  8. 本人確認資料の写真をメールで送付
  9. 保証会社の審査を受ける
  10. 支払い方法を登録する
    1. クレジットカードもしくは、口座振替
  11. 鍵がある部屋の場合、最短翌日に鍵を宅配便で受け取る
  12. 利用開始

以上です。

鍵を自分で用意してつけるタイプのスペースであれば、即日で利用を開始できます。

ただ当日15時までに申し込む必要があります。

マリンボックスに関するよくある質問

マリンボックスに関するよくある質問

解約の条件は?

解約月の前月末までに申し出る必要があります

なお解約日は月末になります。

一般的なトランクルームと同じです。

定休日や営業時間は決まっている?

トランクルームへの出し入れは24時間365日可能です。

申し込み自体もネット完結なので、いつでも可能。

ただ、運営会社が対応する必要のある問い合わせなどは、営業時間外や定休日には対応されません。

定休日は定まっていませんが、営業時間は9時から18時です。

マリンボックスは、神奈川県に多いトランクルーム

マリンボックスは、神奈川県に多いトランクルーム

マリンボックスのサービス内容や料金、口コミ・評判をご紹介してきました。

神奈川県のトランクルームが圧倒的に多いので、神奈川県民にはとくにオススメです。

通常のコンテナ型だけではなく、屋内型トランクルームからバイクガレージまであるので、保管できるモノの幅は広いです。

インターネットで簡単に契約・解約ができるのも嬉しいですね。

なお他の屋外型トランクルームについては、下記でご紹介しているので、しっかり比較してから決めてくださいね。

屋外型トランクルームやレンタルコンテナを15社を比較!料金やサービス内容を一覧で紹介