コンテナシティはどんなトランクルーム?口コミや評判、料金、特徴をご紹介

コンテナシティはどんなトランクルーム?口コミや評判、料金、特徴をご紹介

コンテナシティというトランクルームがあるらしいけど、問題なく使えるのかな?

コンテナシティって悪い噂とか口コミは無いのかな。安心して使いたい。

コンテナシティのサービス内容や使い方を知りたい。

こういった疑問に答えます。

コンテナシティは名古屋を中心に屋外型トランクルームを展開しています。

月1,980円からという格安料金で、大容量の屋外コンテナに荷物の保管が可能。

今回は、コンテナシティのプラン内容からオプション、料金体系、口コミ・評判、メリット・デメリットまで、徹底的に解説します。

コンテナシティの利用を少しでも考えている方は参考にしてください。

なお他の屋外型トランクルームやバイク用コンテナについては、下記でご紹介しているので、しっかり比較してから決めてくださいね。

屋外型トランクルームやレンタルコンテナを15社を比較!料金やサービス内容を一覧で紹介

コンテナシティとはどんなレンタル収納サービス?

コンテナシティとはどんなレンタル収納サービス?

名古屋に集中して出店している、屋外コンテナタイプのトランクルームです。

名古屋周辺に住んでおり、車で大型の荷物を運んで保管したいという人にはピッタリです。

コンテナシティの基本情報

ここでは改めてコンテナシティの基本情報をお伝えします。

下記のとおりです。

公式サイトhttps://www.uniful.co.jp/
タイプ屋外型
初期費用・賃料(当月半月単位+翌月分)
・保証金
最低月額料金1,980円
保証金賃料の2ヶ月分(解約時に一部返金)
事務手数料無料
最低利用期間1ヶ月
対応地域愛知県・岐阜県
店舗数361店舗
最小サイズ1畳
最大サイズ18畳
利用可能時間24時間
運搬代行×(外部業者の紹介は可)
即日利用
駐車場
見学対応
スタッフ常駐×
空調設備×
補償・保険
運営会社日本ユニフル株式会社
税込表記

コンテナシティの店舗エリア・対応地域

愛知県と岐阜県に店舗を展開しています。

その数は凄まじく、2県だけで360店舗以上あります。

また、2県といっても名古屋にとくに集中しているので、名古屋に住んでいる人は必ず見たことがあるレベルです。

逆にそれ以外の県にはありません。

コンテナシティのプラン内容や料金

コンテナシティのプラン内容や料金

コンテナシティのプラン内容と料金をご紹介します。

コンテナシティは、屋外コンテナタイプのみを出店しているシンプルなトランクルームです。

代表的なサイズごとの月額料金の例は下記のとおりです。

広さ横×奥×高さ(m)収納イメージ
※段ボール数
料金例(1)
※名古屋市昭和区山花町
料金例(2)
※名古屋市東区白壁
1.25畳1.1×1.8×2.180個分5,060円4,400円
2.5畳1.8×2.3×2.1150個分10,780円8,800円
5畳2.3×3.5×2.1330個分20,680円14,300円
税込価格

サイズもシンプルで、1畳から8畳ほどをメインに、4種類ほど用意してある店舗が多いです。

また、比較的大きいサイズのスペースが多いです。

屋外型のトランクルームに保管したい人は、下記から他のサービスも確認してくださいね。

屋外型トランクルームやレンタルコンテナを15社を比較!料金やサービス内容を一覧で紹介

屋外型コンテナの他社との料金比較

他社と比べて、月額料金が高いのか、安いのか、比べてみます。

高さや立地、設備などに違いはあるので単純な比較はできませんが、2.5畳の広さのプランを同じエリアで比較すると下記のとおりです。

店舗月額料金
※定価・諸経費込み
広さ
※横幅×奥×高さ(m)
コンテナシティ
春日井市勝川町西
9,680円2.5畳
コンテナスクエア
愛知県春日井市勝川町
11,000円2.6畳
1.9×2.3×2.3
ドッとあ~るコンテナ
愛知県春日井市中新町
14,300円2.7畳
1.9×2.3×2.3
税込価格

上記のとおり、有名どころの屋外型トランクルームで月額料金を比較すると、一番安い結果となりました。

名古屋に集中して出店することで運営コストを下げていることが理由のひとつかと思います。

コンテナシティのその他の基本情報

コンテナシティのその他の基本情報

ここまで通常のプラン内容や月額料金についてご紹介してきました。

ここからは、もう少し詳しいサービス内容、とくに下記についてご紹介します。

  • 初期費用
  • オプション
  • キャンペーンやクーポン情報
  • 解約条件や解約方法

順に見ていきましょう。

初期費用

初回に発生する初期費用は下記のとおりです。

項目名料金設定など賃料が1万円の場合
初月分賃料半月単位で計算5,000円
※11月20日に開始の場合
翌月分賃料10,000円
保証金賃料2ヶ月分
※解約時に半額返金
20,000円
税込価格

敷金や礼金、更新料などの費用はかかりません。

当月と翌月の賃料に加えて、保証金だけです。

他社と比べると安めだと言えます。

賃料が1万円のスペースの場合、35,000円弱の初期費用となります。

ただ保証金については、賃貸における敷金のような役割を持っており、解約時に破損などがなければ、半額返金されます。

また、1ヶ月の短期契約の場合は、保証金が全額返ってきます。

オプション

下記のオプションがあります。

オプション名オプション内容利用料金
スライド制度・希望のスペースに空きがない人向け
・空きが出るまで近隣店舗を利用可
無料
価格は税込

一部のトランクルームにある「スライド制度」が用意されています。

自宅近くの便利な場所になるのに埋まっているという場合に、空きが出るまで別の近隣店舗を使います。

空きが出たら連絡がきて、優先的にスライドして入居が可能。

追加費用などはかかりません。

コンテナシティのキャンペーンや割引クーポン情報

とくに割引キャンペーンやクーポンはありません。

コンテナシティの解約条件や解約・退会方法

契約する際にもらえる「解約予告届」を記入し、解約希望月の前月末日までに、FAXか郵送で運営会社宛てに送る必要があります。

マイページ上で完結しないのは少し面倒ですね。

また、書類を無くさないように、しっかりと保管しておく必要があるでしょう。

ただ、解約にあたっての特別な条件はありません。

1〜2週間という短期利用もできますが、どちらにせよ最低でも1ヶ月分の料金はかかります。

なお、契約時に「1ヶ月のみの利用」と申し出ておくと、初期費用の保証金が全額返ってきます。

コンテナシティのサービス特徴や利用のメリット

コンテナシティのサービス特徴や利用のメリット

コンテナシティのサービス内容をご紹介したところで、ここからは、他の宅配型トランクルームと比較した上でのメリットをご紹介します。

特徴的なのは下記の2点です。

  • 店舗の空き待ちのスライド制度がある
  • 名古屋在住なら店舗が近くにある可能性が高い

順に見ていきましょう。

店舗の空き待ちのスライド制度がある

自宅近く店舗や利便性の高い店舗に空きがない場合、空き待ちの登録が可能です。

空きが出るまでは近隣のトランクルームを使用し、空きがでたら、そのままスライドして、希望の店舗のトランクルームを使えるようになります。

この空き待ちのスライド制度があるトランクルームは限られています。

スライドをするには必然的に近くの店舗が必要となり、同一地域に店舗が集中しているサービスにしか制度を作れないからです。

そのため、利用したいトランクルームが決まっている人にとっては大きなメリットです。

名古屋在住なら店舗が近くにある可能性が高い

名古屋に集中して出店しているため、名古屋在住の人なら、自宅近くにトランクルームがある可能性が高いです。

荷物を保管する場所が遠いと、出し入れするのも面倒ですし、荷物の状況が分かりづらいので、不安でもあります。

そのため、トランクルームが自宅近くにあるかどうかというのは、まず確認すべき重要な点です。

コンテナシティの注意点や利用のデメリット

コンテナシティの注意点や利用のデメリット

ここからはコンテナシティの注意点やデメリットをご紹介します。

とくに気をつけたいのが下記4点です。

  • 初期費用の支払いは現金のみ
  • 現地見学・現地契約が必須
  • 保証人が必要
  • バイク用ガレージはない

順に見ていきましょう。

初期費用の支払いは現金のみ

コンテナシティの初期費用は、敷金や礼金などもかからず、お得ではあるのですが、現金支払いのみとなっています。

他社では、クレジットカードや銀行口座での振り込みができるところが多数なので、面倒と言えるでしょう。

クレジットカードのポイントも貯まりません。

現地見学・現地契約が必須

契約にあたって、現地まで行くことが必須です。

インターネット上だけで手続きをすることができず、対面での契約が必要なので、自宅にいながら契約できるといった手軽さはありません。

ただ、契約をしたその場で鍵を受け取れ、そのまま保管ができるので、便利と言えば便利です。

保証人が必要

契約にあたって保証人が必要です。

保証人が思い当たらない場合は、相談すれば何かしらの配慮をしてもらえる可能性はありますが、基本的には必要なようです。

保証会社と契約することで、保証人は不要というトランクルームも最近では多いので、面倒なデメリットではあります。

バイク用ガレージはない

バイク専用のガレージはありません。

通常の屋外コンテナにバイクを保管すること自体はできますが、入庫するためのスロープを自分で用意しなければなりません。

他社のトランクルームの場合、バイク専用のガレージがあることも多く、スロープや工具入れ、小物用の棚が標準で付属しています。

ただその分だけ、コンテナシティの料金が安いので、料金と利便性のどちらを取るのかという問題になります。

コンテナシティの口コミや評判

コンテナシティの口コミや評判

コンテナシティを実際に使ってみた人の口コミをご紹介します。

高いと感じてしまう人もいるようです。

他の利用者の車が乗り入れている間は、荷物を取り出しづらいこともあります。

名古屋に集中して出店しているので、名古屋在住の人には便利です。

人気な場所だと空いていないこともあります。

コンテナシティがオススメできる人とオススメできない人

コンテナシティがオススメできる人とオススメできない人

口コミやプラン内容をもとに、どのような人にオススメできるのか、できないのかを解説します。

まず、コンテナシティの利用が向いているのは下記のような人です。

  • 愛知県、もしくは岐阜県に住んでいる人
  • 屋外コンテナを使いたい人

一方、下記のような人には向いていないです。

  • 愛知・岐阜の県外に住んでいる人
  • インターネット完結で手続きしたい人

自分の希望や状況と照らし合わせて考えてみてください。

コンテナシティを利用するまでの流れや手順

コンテナシティを利用するまでの流れや手順

では、コンテナシティを利用する際の流れや手順をご紹介します。

申し込みの全体像は下記のとおりです。

  1. 希望の店舗を探す
  2. 電話をして見学を予約をする
  3. 現地で見学をする
  4. 気に入ったスペースに申し込む
  5. 現地で契約手続きをする
  6. 審査を受ける
  7. 初期費用を現金で支払う
  8. 利用開始

以上です。

現地で見学後にそのまま契約をするには、前日の18時までに電話連絡をしておく必要があります。

コンテナシティに関するよくある質問

コンテナシティに関するよくある質問

トランクルームに空きがない場合はどうすればいい?

希望の店舗のトランクルームに空きがない場合は、空き待ちスライド制度を使えます。

これは、希望の店舗に空きが出るまで、近隣の店舗のトランクルームを使える制度です。

空きが出たら、優先的に案内をしてもらえ、そのままスライドして新しいトランクルームを使えます。

バイク保管もできる?

バイク保管はできますが、バイク専用のガレージはありません。

コンテナシティは料金が安い貸しコンテナ倉庫

コンテナシティは料金が安い貸しコンテナ倉庫

コンテナシティのサービス内容や料金、口コミ・評判をご紹介してきました。

コンテナシティは名古屋に集中している、格安の屋外コンテナ型トランクルームです。

バイクガレージが無かったり、インターネット契約ができなかったり、とサービスは簡素ですが、月額料金が安いです。

また、初期費用も高くないので、とにかく費用を抑えたいという方は検討してみてくださいね。

なお他の屋外型トランクルームやバイク用コンテナについては、下記でご紹介しているので、しっかり比較してから決めてくださいね。

屋外型トランクルームやレンタルコンテナを15社を比較!料金やサービス内容を一覧で紹介