トランクルームの初期費用はいくら?内訳や安いサービスまとめ

トランクルーム_初期費用

トランクルームを借りるときって初期費用どれくらいかかるんだろう?

初期費用が安いトランクルームってどこだろう?

トランクルームの初期費用って具体的に何がかかるんだろう?

こういった疑問にこたえます。

トランクルームを利用する際には初期費用がかかります。

ただ、サービスによって初期費用の金額や内容は大きく異なるので、事前にサービスを比較することが大切です。

キャンペーンで初期費用が0円のサービスもあれば、10万円以上かかるサービスもあるので、事前にしっかり比較しないと損をしてしまいます。

この記事を読めば、初期費用の安いトランクルームや安くする方法がわかるので、トランクルームを借りる前に確認してくださいね。

トランクルームの初期費用の相場はどれくらい?

トランクルームの初期費用の相場はどれくらい?

トランクルームの初期費用は、相場としてどれくらいかかるものなのでしょうか?

正直なところ、サービスと契約するトランクルームの月額料金によって大きく変わるので、具体的な平均金額を出すことは困難です。

ただ、ほとんどのトランクルームで、契約した初月の日割り賃料と、翌月の賃料は必須でかかります。

この時点で、月5,000円のスペースを借りるのであれば、5,000円〜10,000円かかるわけです。

そこに、保証金や事務手数料、管理費などが上乗せでかかったり、かからなかったりします。

50社以上のトランクルームを調べてきた肌感覚でいくと、トータルで「賃料の3ヶ月分」くらいをみていくと良いと思います。

月5,000円のトランクルームであれば、15,000円です。

ただ、割引キャンペーンで初期費用が無料の場合もあるので、初期費用を安く抑えたい人は積極的に使いましょう。

トランクルームでかかることがある初期費用の内訳

トランクルームでかかることがある初期費用の内訳

では、トランクルームの初期費用には、具体的にどのような料金が含まれているのでしょうか?

下記のすべてが発生するわけではありませんが、このような料金が初期費用としてかかることが多いです。

  • 前払いの月額賃料・使用料
  • 前払いの月額管理費
  • 保証金・敷金
  • 鍵代
  • 事務手数料
  • 礼金
  • 保険料

それぞれどのような料金なのか見ていきましょう。

前払いの月額賃料・使用料

どのトランクルームでも必須でかかるのが、初月と翌月の賃料です。

契約した初月の賃料は、日割りにするところとそうでないところがあります。

翌月の賃料はどのトランクルームでも初期費用として必ずかかりますが、その翌月、さらにまた翌月の賃料も前払いが必要なトランクルームもあります。

そのため、賃料が安いトランクルームほど、初期費用も安くなるというわけです。

前払いの月額管理費

毎月管理費がかかるトランクルームの場合は、賃料と同じように、初期費用として前払いする必要があります。

管理費の場合も、賃料と同じように初月と翌月は必須でかかり、翌々月以降も前払いが必要かどうかはトランクルームによります。

管理費がかかるトランクルームでも、月1,000円以下が多いので、そこまで金額としては大きくありません。

保証金・敷金

最初に保証金、もしくは敷金を払う場合があります。

ただ、保証金はあくまで預けておくだけで、トランクルームの退去時に全額返還してもらえるケースがほとんどです。

料金の未納や室内の破損などがあった場合に備えて、運営会社が一定額を預かります。

だいたい、月額賃料の1ヶ月分が一般的です。

鍵代

鍵を交換する必要のある屋外コンテナタイプのトランクルームで発生することがあります。

2,000円から4,000円程度の場合が多いです。

屋内型のトランクルームの場合は、電子ロックやカードキーなどの場合が多いので、かからないことも多いです。

事務手数料

契約時の事務手数料として、賃料の1ヶ月分ほどかかるトランクルームが多いです。

もしくは、一律で5,000円としているところも見受けられます。

また、オンラインでの契約か、来店での対面契約かで事務手数料の額が違う場合もあります。

礼金

あまり発生するトランクルームは多くはないですが、礼金を設定している場合もあります。

この場合は、賃料の1ヶ月分が初期費用としてかかります。

基本的には、事務手数料と考えておくと良いでしょう。

敷金と違って、解約時の返金はありません。

保険料

トランクルームでは、保管物の盗難や火災、水害の被害に備えて、損害保険がかかっていることが多いです。

その保険料が賃料に含まれているケースと、別でかかるケースの2パターンがあります。

金額としてはあまり大きくなく、初期費用として数千円払うケースが多いようです。

初期費用が安いトランクルーム3選

初期費用が安いトランクルーム3選

ここでは、初期費用が安いトランクルームを紹介します。

30社以上のトランクルームを調べ、初期費用が安いトランクルームを3つ洗い出しました。

なお、初期費用の金額自体は、賃料に大きく左右されるので、ここでは初期費用としてかかる項目が少ないサービスをまとめています。

具体的には下記の3つです。

サービス名初期費用対応地域店舗
プライベートBOX・初月日割り分の賃料
・翌月分の賃料
東京
千葉
神奈川
店舗検索はこちら
加瀬のレンタルボックス・翌月分の賃料
・事務手数料:賃料1ヶ月分
※初月は無料
ほぼ全国
(関東に多い)
店舗検索はこちら
キュラーズ・初月日割り分の賃料
・翌月分の賃料
・鍵代:2,530円
東京・神奈川・千葉・札幌・新潟
名古屋・大阪・広島・福岡
店舗検索はこちら

なお、割引キャンペーンで初期費用が無料になるというケースはここでは除いています。

キャンペーンを使って安くする方法は「初期費用の無料キャンペーンを探す」の見出しで紹介しています。

プライベートBOX

プライベートボックス
公式サイトhttps://www.privatebox.co.jp/
タイプ屋内型
初期費用当月日割り分と翌月分の賃料のみ
最低月額料金2,200円〜
保証金無料
事務手数料・賃料1ヶ月分(書面契約)
・無料(Web契約)
最低利用期間1ヶ月
対応地域東京
千葉
神奈川
店舗数89店舗
最小サイズロッカータイプ
横1.3×奥1.1×高さ1.3(m)
最大サイズ2畳
利用可能時間24時間
※倉庫タイプを除く
運搬代行×
即日利用×
駐車場店舗による
見学対応
スタッフ常駐×
※倉庫タイプは常駐
空調設備
※倉庫タイプは常温常湿
補償・保険×
運営会社京葉物流(株)
税込表記

加瀬のレンタルボックス

kasesouko
公式サイトhttps://www.kase3535.com/
タイプ屋外型
初期費用・事務手数料
・翌月分の料金
※申し込み当月は月末まで無料利用可
最低月額料金1,100円〜(屋外)
1,600円〜(屋内)
保証金無料
事務手数料月額料金の1ヶ月分
最低利用期間1ヶ月
対応地域ほぼ全国(関東に多い)
店舗数1,700店
最小サイズ・0.3畳〜(屋外)
・0.1畳〜(屋内)
最大サイズ・〜60畳(屋外)
・〜4畳(屋内)
利用可能時間24時間
運搬代行有料で提携業者を利用
即日利用
駐車場
見学対応×
スタッフ常駐×
空調設備○(屋内)
※店舗ごとに程度の差がある
補償・保険最大30万円
保管倉庫自社倉庫
運営会社株式会社加瀬倉庫
税込表記

キュラーズ

quraz
公式サイトhttps://www.quraz.com/
タイプ屋内型
初期費用・鍵代2,530円
・初月料金の日割り分
・翌月分
最低月額料金3,300円〜
保証金無料
事務手数料無料
最低利用期間なし
※前月末日までに連絡
対応地域東京・神奈川・千葉・札幌・新潟
名古屋・大阪・広島・福岡
店舗数67店
最小サイズロッカー型(0.2畳)
最大サイズ13畳
利用可能時間24時間
運搬代行シャトルバスでの送迎宅配便での運送対応
即日利用
駐車場
見学対応
スタッフ常駐
空調設備
補償・保険ロッカー型で最大20万円まで補償
保管倉庫自社物件
運営会社株式会社キュラーズ
税込表記

初期費用を安く抑える3つの方法

初期費用を安く抑える3つの方法

ここまで初期費用が安い具体的なトランクルームを3つ紹介しましたが、初期費用を安く抑える方法を3つに分けて改めて整理します。

  • 月額賃料が安いスペースを契約する
  • 初期費用の無料キャンペーンを探す
  • 宅配型トランクルームを使う

順に解説します。

月額賃料が安いスペースを契約する

初期費用を安く抑えるための一番の基本は、月額賃料の安いスペースを契約することです。

基本的に初期費用の各項目は、賃料をベースに課金されます。

具体的には、賃料が数千円安いだけで、初期費用が数万円も安くなることも。

そのため、賃料ができるだけ安いスペースを使うことをオススメします。

初期費用の無料キャンペーンを探す

初期費用が無料になる割引キャンペーンをやっているトランクルームがあります。

時期によっても異なりますが、そういったトランクルームを探せば、初期費用がかかりません。

たとえば、全国型のトランクルームで例を挙げると下記のとおりです。

サービス名割引内容適用条件店舗
ドッとあ~るコンテナ初期費用から下記が無料
・契約当月の賃料
・事務手数料
・7ヶ月以上の利用
※店舗による
店舗検索はこちら
スペラボ下記が無料
・事務手数料:10,000円
・初回の荷物運搬費
・最大3ヶ月分の賃料
・キャンペーン期間である
・対象店舗である
店舗検索はこちら

キャンペーンの実施の有無は時期にもよるので、一度公式サイトを確認してみてくださいね。

宅配型トランクルームを使う

最後に、宅配型トランクルームを使うという手段もあります。

荷物を宅配便で送って、そのまま預かってもらう新しいタイプのトランクルームですが、初期費用がほとんどかかりません。

最初に専用のボックスの購入費用がかかることが多いですが、それでも数百円です。

取り出すまでに数日かかる、大型の荷物は預けづらいというデメリットが気にならなければ、選択肢に加えることをオススメします。

宅配型トランクルーム17選を徹底比較!料金やサービス、オプション内容がわかる

トランクルームの初期費用に関するよくある疑問

トランクルームの初期費用に関するよくある疑問
トランクルームの借り方と初期費用を払うタイミングは?

トランクルームを借りるには、まず空き状況の確認と申し込みをする必要があります。

その後に審査を受け、問題がなければ契約と初期費用の支払いをおこないます。

初期費用の一般的な支払い方法は?

オンライン契約ができるトランクルームの場合はクレジットカードで決済することが多いです。

一方、来店して対面契約をする場合は、現金でその場で支払う必要があることも。

口座振込で支払うサービスもあり、千差万別です。

初期費用と月額料金、両方確認して決めよう

初期費用と月額料金、両方確認して決めよう

ここまでトランクルームの初期費用について解説してきましたが、トランクルームの料金は月額料金と表裏一体です。

基本的に、月額料金と連動するので、月額賃料を安く抑えたスペースを借りれば、自然に初期費用も安くなります。

また、初期費用の割引キャンペーンを探して契約するというのも賢い方法です。

初期費用と月額料金、両方とも確認をしてトランクルームを選びましょう。